飲酒量をコントロールする

痛風になるとアルコールが良くないという事が言われます。このアルコール痛風に良くないのは、アルコールを体内で分解する時に乳酸ができ、その乳酸が尿酸値を上げることになってしまいますilm2007_01_0554-s

しかし、ビールなどのアルコールでも1日飲む適量分量を守れば、尿酸値を必要以上に上げることはないので、痛風になってしまった人でも適量なら問題ないといわれています。

具体的なお酒の飲める量としては、
・ビール
・発泡酒
・日本酒
・焼酎
・ウイスキー
・ウォッカ
・ワイン
・カクテル

などのようなお酒の分量を下記に具体的に紹介しておきます。

ビール」が飲める量としては、アルコール5.5%のビールの場合で、350mlの缶ビールだと2本強となります。ただし、アルコール度数が低い場合には、飲める量が増えるようです。

発泡酒」が飲める量としては、アルコール45%の発泡酒の場合で、大きめのビールグラスだと2杯程度の900mlになります。こちらもビールと同様にアルコール度数によって飲める量が変わります。

日本酒」が飲める量としては、アルコール15%の日本酒の場合で、1.5合となる270mlとなります。日本酒の場合には、おちょこで何杯も飲むと飲んだ量を把握できなくなるので、自分専用の徳利を用意しておくのがお勧めです。

焼酎」が飲める量としては、アルコール35%の焼酎の場合で、お湯割りにした場合は2杯になります。1杯で焼酎58mlで、お湯で割った場合の分量です。もしも、焼酎をストレートで飲む場合は115mlと飲める量になります。

ウイスキー」が飲める量としては、アルコール37%のウイスキーの場合で、水割り2杯で、1杯がウイスキー50mlで水で割った場合です。ストレートの場合は焼く100mlとなります。バーなどでウイスキーを頼むとシングルなら約30ml、ダブルなら約60mlとなっている事が多いようです。

ウォッカ」が飲める量としては、アルコール40%のウォッカの場合で、ロンググラス1杯の100mlが適量となります。ウォッカは、アルコール度数が高いので飲める量がへります。

ワイン」が飲める量としては、アルコール13%のワインの場合で、グラス2杯程度の310mlとなります。ボトルで換算した場合には、半分よりも少ない程度になるので、半分を超えないようにするのが大切です。ちなみに、シャンパンについてもワインと同じ条件になります。

カクテル」が飲める量としては、アルコール7%のカクテルの場合で、グラス2杯です。1杯が290ml程度ですが、ただし、カクテルの場合は、アルコール度数が強いものを使ったり、強いアルコール度数のものを混ぜた場合には飲める量が減ります。

このように、飲むことが出来るお酒の量と言うのは、具体的に飲める量の参考値を上記に紹介しているので、参考にして貰えればと思います。


痛風を改善・予防したいですか?

痛風を予防、改善させたいと思った場合には、サプリメント、薬、食事、運動など生活習慣を変えるのが大切です。この中で一番簡単に生活に取り入れることが出来るのがサプリメントではないかと思います。

yazirusi_migiyubi痛風サプリメントのランキングはこちら




コレって痛風かな?と思ったら・・・

最近では、病院に行かなくても自宅でお手軽に尿酸値のチェックや痛風であるのかのチェックなどが行えるようになったんですね。

yazirusi_migiyubi自宅で尿酸値のチェックをしましょう!

痛風改善まとめて学びたいならコチラカテゴリの最新記事

メニュー

■痛風の改善関連 ■痛風の予防関連

痛風の改善で初めに行なう事
痛風で生活習慣で気をつける点
痛風の食事療法の3つのポイント
痛風の改善は肥満を治すことから
痛風を薬無しで改善・予防する方法
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

痛風を予防するために必要なこと
ダイエット運動はしても良いのか
痛風予防検査は年に何回必要か?
食事の摂り方で痛風を予防
ストレスをためないようにする
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

■痛風と食事関連 ■痛風の痛み止め関連

痛風に良い食事とは?
尿酸値とアルコールの痛風の関係
痛風の人は1日に飲む水の量とは
痛風と尿酸値の関係が食事の基本
アルカリ性食品が良い理由とは?
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

痛風に効く痛み止めの市販薬
患部を冷やす方法
バファリンは飲んじゃダメ!?
痛み止め薬のイブは効果的か?
痛み止めで注射のメリットな点
痛み止めはコレがオススメ!?
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

■痛風と運動関連 ■痛風の初期症状関連

適度な運動で尿酸値を下げる
適度な運動は痛風以外もメリット
有酸素運動が痛風改善にオススメ
痛風で注意する必要がある運動
激しい運動が駄目な理由
痛風の改善に何の運動がお勧め
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

痛風の初期症状の原因
初期症状にお勧めな食事とは?
痛風の初期症状で発熱する場合
痛風の初期症状の治療する方法
なぜ足の裏が痛くなるのか?
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

■痛風に似た病気関連 ■痛風の原因関連

痛風に似た症状の病気とは?
偽痛風(ぎつうふう)とは?
関節リウマチとは?
変形性膝関節症とは?
外反母趾(がいはんぼし)とは?
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

痛風の主な原因とは?
体質による痛風になる原因とは?
痛風と遺伝の関係とは?
レバーの食べ過ぎが痛風の理由?
痛風が悪化する3種類の体質は?
⇒⇒⇒ 詳しくはコチラ

最新情報

  • 痛風 初期症状 ひざ

    痛風の初期症状として「ひざ」に痛みを感じる人も多いのではないかと思います。実際に痛風の初期症状での痛みと言う場合には、いきなり発作を起こし激痛がある場合もあります。しかし、人によっては、そこまでの激痛はなく、ピリピリと傷 [...]

  • 痛風と尿酸値の関係が食事の基本となる

    痛風の人と言うのは、体内の尿酸値が高くなった事によって、健康な時なら対外に尿などとして排出していたモノが、排出しきれなくなり、体内に貯まってしまうといった現象が痛風の激痛の原因になってきます。 この為、体内の尿酸値を下げ [...]

  • 痛風 初期症状 手の指

    痛風の初期症状が手の指に出るということがあります。基本的に、痛風の初期症状の発作などの場合には、尿酸は比重が重いと言う事もあり、足の関節で出ることが多いと言われていますが、人によっては、手の指に出ることがあるようです。 [...]

  • ilm09_ai06001-s
    自分で出来る痛風発作の応急処置の方法

    初めて痛風の発作が起こった時というのは、まさかこのような事が起こるとは?と言ったように、予想していなかった時に突然、発作の激痛に襲われると言う事が起こりやすいというのが、現実的に起こりやすいというのがあるのです。 以前に [...]

  • 痛風の人の食事のアルカリ性食品と酸性食品のバランスの重要性

    痛風の人は、体内の尿酸が多いので「高尿酸血症」と言った状態になります。つまり、尿が酸性に傾いていると言う事です。元々、尿酸というモノは、水に溶けにくいので、尿として体外に排出しにくい性質があります。それが、酸性になる事に [...]